平面図印刷できるコピー機の魅力

コピー機1

現代の社会ではコピー機の存在が欠かせません。様々な資料を印刷する時など、身近な存在でありながら重宝される製品です。どの企業においても、仕事を効率的に進めるためには必要性が高く、今後も需要が見込めます。紙から紙に複写するコピー機が登場することで、社会に大きなインパクトを与えてきました。

ここではコピー機における魅力や情報を記載します。

日本におけるコピー機の歴史

コピー機12

コピー機が職場で大きく普及するようになった背景を解説します。紙から紙へ膨大な情報を複写できるようになったことで、社会全体における効率化を促進させてきました。複写する技術を活用して、職場で広く活用されるようになったきっかけは感光紙の普及です。

感光紙は青地に白線で複写していました。その使い勝手に変革を与えたのは日本の理化学研究所です。従来の感光紙を反転させ、白地に青い線を書き込める感光紙を発明しました。複写する素材が白地になったので書き込みが自由になり、複写における利便性を飛躍的に向上させてきました。

1950年代にはオフィス向けに卓上型の複写機が世に出るようになりました。それによって、複写における対象が書類にも拡大するようになった背景があります。その後、複写機はオフィスで活用されている事務機器へと進化を遂げるようになっていきました。

現在ではコピー機は今までの手書きによる写し作業の負担を軽減させ、転記のミスを大きく削減させることに成功しました。そのような時代を経て、現代社会でのオフィスにおける効率化を大きく進めてきました。利便性を大きく促進させてきた中で、様々な種類の印刷機が開発・販売されるようにもなっています。

コピー機における情報

コピー機6

業務で使用される印刷機の種類は多岐にわたります。コピー機には、ポスターや図面印刷を中心にして活用される複合機があります。土木や建築分野で大きな印刷物が必要な時に、A2〜A1サイズの大きな用紙を活用するケースが多い事情があります。

一般的にオフィスで使用されている印刷機は、対応している用紙サイズはA3サイズのものがほとんどです。そのため、大きな用紙で印刷する必要性のある資料を印刷できないことがあります。そのような難しい状況を打破するために、リコーが取り扱うCW1200が登場しました。

この印刷機は、建築や土木関連の図面を正確に印刷する上で重要な役目を果たしています。また、高解像度の出力に柔軟に対応しているので、細部に渡って伝えたい情報を資料に落とし込むことが可能になりました。そのように鮮明に全体を印刷できるので、会議におけるプレゼンテーションの資料として最大に活用できます。

CW1200の印刷機はネットワークカラースキャナーを内蔵しているので、出力した後に再度修正をかけることが可能です。手書きで修正やメモ書きを加えるケースが多くあるので、現場の考え方や今後の仕事の進捗具合を整理できるメリットがあります。

それと同時に、図面での資料が大きくなる場合に備えて電子化で記録することができるので、資料の保管場所で悩む必要性はありません。

コピー機を活用するにあたって

コピー機を企業で購入すると多額の予算が必要になります。大企業ではそのような心配はないと思いますが、中小企業などでは資金力に乏しい会社もあります。そのような会社に対して、コピー機を安くリースしているサービスもあります。

そのサービスを利用することで、低額の予算で導入することができるので、業務の効率化をしっかりと進めることができるようになります。メンテナンスはリースを展開する企業が担うので、故障などのリスクを心配しなくて済みます。

また、どのようなコピー機が必要なのか、リースの会社と相談しながら業務に適合するコピー機を推薦してくれるのも嬉しいポイントです。リースを請け負う企業がリースする職場は、建築や設計、自治体、教育現場、小売など様々です。

現場のニーズを汲み取った上で、必要なコピー機を提供してくれるメリットがリースのサービスにはあります。現場の要望に合わせて、操作性や安心性、そして場所を問わないコンパクト性も考慮するので業務に集中することもできます。

製品の品質はもちろんのこと、導入後のフォローも大切にしている特徴があります。

家庭用と業務用の印刷機の違い

家庭用の印刷機はインクジェット方式が主流になっており、業務用は基本的にレーザープリント方式の製品が採用されるケースが多いです。インクジェットは、印刷をかける際に用紙にインクを噴き付けるスタイルです。その一方でレーザープリント方式は、レーザーを使って用紙にインクを転写される方法がとられています。

インクジェットのメリットは、色の再限度が非常に高く、特に写真では鮮明に印刷して仕上げることが可能です。デメリットは印刷の時間がかかり、紙の種類によってはインクが滲んでしまうリスクがあります。次に、レーザープリント方式は印刷する速度が非常に速いです。

そのため、大量の印刷物を短時間で仕上げることができるので、コストをかけずに業務を進めることができます。しかし、インクを直接的に用紙へ噴き付けるわけではないので、色合いにおける再現度は低くなってしまいます。

それらの特徴を事前に把握した上で、現場で必要なコピー機を採用することが大切になります。予算とコストに見合った印刷機を活用してみましょう。

関連記事:メール作成にも大きく貢献!進化が止まらないコピー機

印刷機のまとめ

印刷機の登場によって、現代社会の仕事における利便性は大きく向上してきました。業務が効率的になることで、仕事の幅を広げることができるようになり、社会と日常生活を豊かにさせるきっかけになりました。現在のコピー機が続々と登場するようになった背景には、技術的な知見と改良の歴史が積み重なって完成されたことがあります。

コピー機の種類も現場の用途によって異なるので、どのような機能が一番必要なのかを検討してみることが大切となります。検討して購入するのも良し、リースのサービスを活用するのも良し、企業に最も適した方法で先技術が搭載されたコピー機を活用できるようにしたいものです。

今後の社会でも、現場のニーズや状況は大きく変化することが見込まれます。そのため、コピー機は必要とされる機能はそのままに、新たな操作性や機能性、総合的なサービスを備えたものに進化してゆくことでしょう。