メール作成にも大きく貢献!進化が止まらないコピー機

コピー機12

時代の進化とともにコピー機の果たす役割も変化しています。従前のように、ただ単に欲しい資料などを紙ベースで写し取るというようなシンプルなものにとどまらないのが現代のコピー機です。USBメモリがなくても、スマホにデータや画像などを転送できるのも利用者にとっての大きなメリット。

そのデータや画像をメールに添付して送るという活用法も人気を集めます。詳細を見てみましょう。

ますます便利になったコピー機

コピー機が持つ重要性については、取り立てて説明するほどもないといえるでしょう。現代社会においては必要不可欠な存在になっていると言っても過言ではありません。

私自身も、コンビニに出向いてコピー機を良く使いますが、その高品質ぶりには驚くばかりです。むろん、コンビニのコピー機を使うのは、プライベートで使う場合に限ります。どうしても、その部分だけ紙ベースでとっておきたい資料などがある場合には、面倒であってもコンビニまで出向いてコピー機を使うようにしています。

「勤務先にあるコピー機を使えば良いのではないか?」と思う人も多いかもしれませんが、会社のコピー機を業務以外のことで利用するのは原則として禁止されているのです。今や多くの会社がコピー機を導入しており、毎日の業務ではコピー機が大活躍しているのではないでしょうか。

コピー機は自社で購入するケースは少なく、ほとんどの会社がリース契約をするなどしてコピー機を活用しています。コピー機を使う上で気を付けなければならないのは、個人情報や機密事項などの漏えい防止という点です。

具体的には、コピー機を使った後にデータがコピー機内に残ってしまうというリスクです。通常であれば、コピーした後に書類を取り忘れたりすることがなければ何の問題もないと思われますが、コピー機内に残されたデータを盗み取るというような悪質な犯罪も横行している現実があります。

スマホとコピー機が連携!

時代の進化とともに、コピー機の品質自体も従前から比較した場合、格段に進化してきたといえるでしょう。以前であれば、コピー機は単に書籍や通知などを写し取るというものでしかありませんでした。しかしながら、現代のコピー機の果たす役割は実に多岐にわたっているといえます。

コピーするといっても、白黒だけでなくカラーコピーも可能。特筆すべきは、USBメモリやSDカードなどから持ち込んだデータや画像なども取り込むことができるという点です。また、ファクス機能を搭載している機器も多く、マルチな働きをするようになったといえるのではないでしょうか。

現代では、携帯電話やスマホなどの機器を持っていない人の方が珍しいというような時代を迎えています。そんな時代に合わせるかのようにコピー機も進化を遂げてきています。持ち込んだデータや画像などをコピー機からスマホに転送して楽しむということも可能になりました。

しかも、その際にはUSBメモリやSDカードは必要ないという手軽さもあります。コピー機がより身近な存在に感じられるようになったのも、このような利便性の高さに起因しているといえます。これらの方法を可能にしているのも、進化し続けているネットワークサービスであることはいうまでもありません。

WiFi環境が整っていることが、コピー機とスマホを結びつけるための前提条件となります。

使い方は簡単そのもの!

ここまで便利になったコピー機を使う場合には、何か特別なスキルやノウハウ、テクニックなどが必要なのかと心配する人もいるかもしれませんが、心配無用です。誰でも使えるような仕様になっていることも、ここまでコピー機を使う人が増えている理由といえるのではないでしょうか。

コンビニなどで、コピー機を使う場合にも、表示されるガイダンスに従うだけで、簡単に一連の作業をすることができます。いつも持ち歩いているスマホさえあれば、データや画像などを取り込むことが可能です。スマホに取り込んだデータや画像をメールに添付して友達や家族に送信することもできますので、さまざまな情報を共有して楽しむこともできます。

環境への配慮という意味でも有用

メールといえば、今では電話よりも有効な情報伝達手段として使われるようになっています。シンプルに必要な事項を入力して送信するだけでも良いですが、さまざまなデータや画像が添付されることで、メール自体を作ることも楽しみになるでしょう。

コピー機は、思い思いのメールを作成する上でも重要な役割を果たしているのです。

スマホ以外のデバイスでも、メールを楽しむことは可能です。パソコンやタブレット端末でもお気に入りのデータや画像を見ることができます。このように、メールの内容が充実することで、プライベートでの利用はもとより、ビジネスにおいても使い勝手の良さが目立つようになってきました。

むしろ、全体的にはビジネスでの活用の方が増えているともいえるのではないでしょうか。企業にとっては、環境保護や省エネルギー社会の実現は待ったなしの課題となっています。例え、多くの利潤を出しても、環境への配慮がなければ認められないという風潮があることも現実です。

そのような点を考慮すれば、紙ベースのコピーが主体であった以前のスタイルから変化を遂げることに成功したコピー機の存在感の大きさは計り知れません。データや画像などが添付されたメールで事足りれば、無駄な紙や印刷物の破棄の量を大きく抑制できます。

関連記事:平面図印刷できるコピー機の魅力

技術革新から生み出された機能

多くの人に支持を集めるコピー機ですが、その背景にあるのが、日本のコピー機製造メーカーの技術力の高さです。日本国内で活躍しているコピー機のほとんどが、日本メーカーのものであることはいうまでもありません。キャノンや富士ゼロックス、リコーなどの誰もが知るようなメーカーはもとより、小規模のメーカーの中にも、先進的な技術力を持つプレイヤーも多くあります。

コピー機についても、日本は世界をリードしているといえるでしょう。先述した通り、コピー機も多様化するニーズに呼応する形でさまざまな機能を取り入れてきました。ライバル企業に勝利することもさることながら、生き残りをかけた戦いを制するためには必要な技術革新といっても良いかもしれません。

スマホにデータや画像などを取り込むことができることも、そのような技術革新のおかげで生み出された一つの成果といえます。